スポンサーリンクなどのラベルの適切な書き方(アドセンス)

Ads

今回はアドセンス広告をWEBサイトに追加する際に記述している「スポンサーリンク」などのテキストラベルについてを参考資料を基に適切な書き方と配置を紹介します。

今回は下記のアドセンスヘルプの回答ページを基に紹介していきます。

AdSenseヘルプ:広告のラベル表示

ラベルの適切な書き方

広告のラベルの記述は、先述のヘルプページの通り「スポンサーリンク」もしくは「広告」のみ許可されています。

ヘルプページではわざわざ「のみ」と記述されているので、「WEB広告」や「バナー」など悪気の無いラベル表現であっても禁止されています。

※よく勘違いされる「スポンサーリンク」も許可されていないので注意

ラベルのNGな書き方

反対にNGな書き方は、基本的に上記の最適な書き方に該当しない書き方です。
「広告をクリック」や「サイト運営にご協力を↓」などの広告クリックを誘導する文言は禁止されています。

また広告のラベルは「スポンサーリンク」としても、「関連情報」や「関連リンク」などの見出し下に置いて誤解を招く様な配置は禁止されています。

ラベルは必須じゃない?

実は広告を設置するのにラベルは必須では無いです。ヘルプページでも下記の様にあくまで「表示できます」としか記載されていません。

「広告」と「スポンサーリンク」のいずれかのラベルを表示できます。

普通、必須なら「表示して下さい」になるかと思います。

また、どこにもラベルの表示が必須とのポリシーは書いていませんし、実際に当サイトや他のサイトでもラベルを付けていない広告は多数あります。それでもポリシー違反にならないのは確固たる証拠かと思います。

しかし誤解を招く様な配置だったり誤クリックが起きる様な配置な場合は禁止されています。それがどの様な状態なのかはハッキリとした答えはありません。

ラベルはその様なことが無いようにユーザーに対して事前に「これは広告ですよ」と伝えるためにあります。

ネット上にある「ラベルは必須」みたいな記事の実態は、誤解を招く配置が原因のポリシー違反をラベルが無い事が原因だと誤解してしまい、誤解を招く配置を防ぐためにラベル配置を推奨するみたいな考え方から転移したと考えられます。

当サイトでもそれは一理あるかと思ってます。そのため誤クリックが多そうなサイドバーの追従広告のみラベルを付けています。


以上が「スポンサーリンクなどのラベルの適切な書き方(アドセンス)」でした。

意外と勘違いが多い場所だと思ったので当サイトでもまとめさせていただきました。少しでも参考になって頂けたら幸いです。

2020年5月13日AdsAdvertisement,Marketing

Posted by KT