ループ処理内で特定条件下のみ処理をスキップする方法

Programming

今回はJava Scriptのfor文やwhile文でプログラムの処理を繰り返した時に、特定条件の処理をスキップする方法を紹介します。
何でもかんでも反復してします処理だと実用性に欠けるので、今回のスキップする方法は実務では非常に大事になってきます。
for文やwhile文を覚えた際は必ず一緒に覚えておきましょう。

こんな場合に使います

  • 繰り返しの処理で特定条件下で処理をスキップしたい
  • ループ内のコードを浅くしたい

難易度(MAX10)★★★★★☆☆☆☆

for文やwhile文の基礎は以下の記事

ループ処理内で特定条件下のみ処理をスキップする方法

ループ処理内で特定条件下のみ処理をスキップしたい場合は「continue」を使用します。

for文やwhile文を使用してループ処理をすると、途中の処理は除きたいケースがあると思います。continueを使用すると、それ以降の処理はスキップされ、次のループに入ります。

下記のサンプルでは、indexが偶数の場合をスキップします。なので奇数の場合にのみ処理を行うプログラムです。

for (let index = 0; index < 10; index++) {
  if(index % 2 === 0) {
    continue;
  }
  console.log(index);
}
console.log('処理終了')
ログ

continueを使うとfor文ないのネスト(入れ子)を浅くする事が出来ます。そのため可読性の高いコードとなり開発がスムーズに進行するかと思います。

以下がfor文のみで奇数のみ処理を行う記述です。

function myF(test) {
  for (let index = 0; index < 10; index++) {
    if (test === true) {
      if (index % 2 !== 0) {
        console.log(index)
      }
    }
  }
}

以下はcontinueを使い可読性を高めた分かりやすい記述です。処理内容は全く同じです。

function myF(test) {
  for (let index = 0; index < 10; index++) {
    if (test === false) {
      continue;
    }
    if (index % 2 !== 0) {
      continue;
    }
    console.log(index)
  }
}

以上が「ループ処理内で特定条件下のみ処理をスキップする方法」でした。

実際のクライアントが求める要件を叶えるには非常に実用性のある構文なので必ず覚えておきましょう。

2020年7月7日ProgrammingJava Script,WEB

Posted by KT