ドメインを取得する意味って何?エックスサーバーでの取得方法を紹介

Server

今回は、前回に登録したエックスサーバーに自分のオリジナルドメイン(独自ドメイン)を取得し設置する方法を簡単に説明していきます。

サーバーの登録の仕方については下記の記事を見てください。

ドメインを取得する意味

まずなぜドメインが必要かと言うことを知りましょう。

ドメインとはサイトを作成するにあたって、サイト全体の中核を担う最重要部分です。

下の図のように、https://example.comのexample.comの部分がドメインと言い、これがあるからこのページは、記事は自分のサイトだと証明できるようになっています。

上のURLはexample.comのサイトのカテゴリー内のポストネーム123の記事と言う意味になります。

PCでイメージするとわかりやすいが、PC本体が『サイト』と大きく区切って、そのPCが誰のものかを示すシリアル番号が『ドメイン』であり、ファイルで区切った場合それを『カテゴリー』、その中の書類を『記事』って考えたらわかりやすいでしょう。

PC://シリアル番号/ファイル/書類

こんなイメージだと思って頂ければいいでしょう。

ではなぜドメインが必要なのか?

もし上記の例えで、シリアル番号を無くしたら…
世界中にある、『PCの中のファイルの中の書類』と言う意味になりますよね?

これって見つけられますか?wwん??どのPCの?ってなりますよね?

上の例をドメインに戻せば分かると思いますが、もしドメイン(example.com)が無かったら、世界中にある『https:(プロトコル)の中のカテゴリーの中の記事を探す』といった意味になります。

うーん…無理!!wwどのドメインの!!??ってなりますよww

そこにドメインをしっかり入れる事によって始めてサイトの全容を示す事ができ、あなたのサイトを表示する事が出来るようになります。

なので、もう察していると思うが、

ドメインはサイトを作るためには必ず取得する必要がある、基本中の基本、当たり前の部分なんです。

それでは、次にそのドメインの取得の方法を見ていきます。

ドメインの取得方法

ドメインの取得方法は説明しきれない程たくさんの方法があると思います。

ただ今回はエックスドメイン という初心者の方に最もおすすめで簡単なエックスサーバー から直接取得する方法をご紹介します。

エックスドメインの取得

[1]エックスサーバーのトップからご自分のインフォパネルにログインする。

[2]『サービスのお申し込み』をクリック。(写真1)

(写真1)

[3]下の方にドメインの欄があるので『エックスドメイン』の新規お申込みをクリック。

[4]支持に従い、自分が望むドメインを入力する。(写真2)価格やセール状況は時期によって変わってきます。(写真3)

(写真2)
(写真3)

[5]入力したドメインが取得可能かどうかが表示されるので希望のドメインを選択する。(写真4.5)

(写真4)
(写真5)

[6]ドメインが決まったら『お申し込みの内容の確認・料金のお支払い』をクリックし画面の指示に従い支払い情報等を設定する。

[7]お支払い設定が完了したらインフォパネルに取得したドメインパネルが現れたら完了です。


以上が「ドメインの取得方法:ドメインが必要な理由(エックスサーバー)」でした。

少しでも参考になって頂けたら幸いです。

次回はワードプレスのインストールする方法についてを書いていきます。

2019年4月20日ServerBackend,WEB

Posted by KT