ルクセリタス「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」を直す方法

Debug

WordPressを5.5verに更新した後に記事を書いていこうと思ったらGutenberg(グーテンベルグ)のエディタで下記のように「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」と出て全く作業ができない状態になってしまいました。

私は「ルクセリタス」と言うテーマを使っているのですが、ネットで同じ事例が無いかを探してみても全く見受けられなかったので、私がここで直し方をお伝えしようと思います。
また、ルクセリタス以外のテーマを使っている方にとっても同じようなカラクリで、今回のエラーが出ている可能性が大なので、参考にしてみて下さい。

「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」の解決方法

「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」とエラーが出る原因は恐らくエディタの機能をテーマやプラグインなどでカスタムしていて、その際に書かれているJSやPHPの互換性がWordPressのアップデート時に崩れてしまったからだと思われます。

下記の画像は私のWordPressのGutenberg(グーテンベルグ)の投稿画面です。デベロッパーツールのコンソールを見ると「luxe-block-toolbar.js」に何かしらのエラーが起きていることがわかります。

結論を言うとルクセリタスの場合【Luxeritas】→【管理機能】→【ブロックエディタの設定】→【Luxeritas固有機能】の【Luxeritas Block ToolbarをOFFにする】にチェックを入れれば直りました。

ルクセリタスの場合はこれだけで解決しました。しかし今までのブロックエディタ上のツールは消えてしまいます。
ここは制作者さんが直してくれるのを待ちましょう。

ルクセリタス以外のテーマを使っている人が、このようなエラーになった場合は、まずは今回のパターンのように、テーマやプラグインなどでエディタをカスタマイズしていないかを確認してみましょう。OFFに出来る設定がある場合はそれで解決するかもしれません。
エディタのカスタマイズが原因で無いのであれば、クラシックエディターに戻してみるなどして対策を取りましょう。

それと、ブラウザキャッシュと言った単純なパターンもあるのでそこもしっかり確認してみましょう。
ブラウザキャッシュの消し方は以下の記事に書いてあります。


以上が「ルクセリタス「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」を直す方法」でした。

他にもエックスサーバーのセキュリティ設定が原因だったり、古いプラグインが原因だったり、と色々とあると思います。
本当に困ったらWordPress.orgのサポートに連絡をとってみると良いかと思います。


2020/08/13追記
ルクセリタスの場合、当エラーを解消するアップデートファイルが配信されたので、アップデートすれば即解決します。

2020/08/22追記
この記事で解決出来ない場合は、以下の記事の緊急対処法を覚えて、とりあえずは記事更新だけでも出来るようになりましょう。

2020年8月12日DebugError,Gutenberg,WP

Posted by KT