関数(function)を使って処理を一つに纏める:Java Scriptの基礎⑥

Programming

今回は、関数(function)を使って処理を一つに纏める方法を紹介します。

関数は、Java Scriptはもちろん、phpやRubyなど他のプログラミング言語にも必ず出てくる超重要なプログラムです。一気に難しくなってくるので心して学んでいきましょう。

こんな場合に使用します

  • 処理を一纏めにして名前を付けたい
  • 処理を使い回したい

難易度(MAX10)★★★★★☆☆☆☆☆

関数(function)について

関数(function)は以下の様に記述していきます。

function 関数名(引数){処理内容}関数を定義する
return関数内で値を返す
関数名();関数を実行する

関数とは、ある入力値を受け取って処理を行い、その結果を返す仕組みのことです。「function」で関数を定義し、任意の関数名を設定します。{}に囲まれた部分に記述した内容が処理内容です。
()内を引数と言い、事前に引数を配置しておき、実際に処理を実行したい部分に引数に内容を入れて処理させます。また引数は無しでも関数は成り立ちます。
そして関数名();の部分を記述すれば関数は実行されます。

こうして、関数名を呼び出すだけで、そのより内容全てが実行されるため、処理を一つにまとめる事が出来ます。

例えば下記の記述の場合。

function myFunction(F) {
    const result = F + 10;
    return result;
}

const sum_F = myFunction(100);
console.log(sum_F)

引数が(F)です。F + 10の処理を事前にmyFunctionに入れておきます。
そして「sum_F」と言う名前の変数にmyFunctionの処理を入れて引数の(F)を100としてます。

すると答えは「100 + 10」の「110」になります。

sum_F

また引数を付けないでも実行する事が出来ます。

function myFunction() {
    console.log('こんにちは')
}

const test = myFunction();
console.log(test)
test

関数(function)で処理を一つに纏める方法

では実際に、関数(function)を使って処理を一つにまとめてみましょう。

まずはシンプルな「A + B × X」の計算をfunction内にまとめていきます。

function Accounting(A, B, X) {
    const result = A + B * X;
    return result;
}

const price = Accounting(100, 200, 0.1);
console.log(price)
price

まずは functionにAccounting(A, B, X)の関数を作成します。
内容はA+B×Xという計算式を入れています。

次にその関数を使用して計算式を作成します。
priceという名の変数を作成して、Accountingの関数を使用します。そこの引数を(100, 200, 0.1)に置き換えます。
するとpriceの中身はAccounting(A, B, X)の関数の中身の計算を行い、答えは120となります。


また別の例でif文を使用して「OK」と「NO」の判断をする関数を作成します。

function myFunction(A, B) {
if (A + B >= 100) {
    return 'OK';
}
    return 'NO';
}

const test1 = myFunction(30, 80);
const test2 = myFunction(10, 50);
console.log(test1) //110 OK
console.log(test2) //60 NO
上:test1、下:test2

myFunction(A, B)という名の関数にA+Bの答えが100以上の場合は「OK」を返す。そうでなければ「NO」を返す処理を作ります。

次にmyFunction(A, B)の引数に実際の数字を入れていきます。今回はtest1=myFunction(30, 80)とtest2=myFunction(10, 50)の2種類を作成しています。

test1の答えは110なので「OK」を返します。test2の答えは60なので「NO」が返ってきます。


以上が「関数(function)を使って処理を一つに纏める:Java Scriptの基礎⑥」でした。

この様に関数を使用する事で、様々な処理内容を一つにまとめる事が出来ます。

2020年6月18日ProgrammingJava Script,WEB

Posted by KT