HTMLでプルダウンメニューの作成の仕方:お問い合わせなどに使用

HTML/CSS

今回はHHTMLでお問い合わせフォームなどに良くある、都道府県など複数の項目の中から1つを選択するプルダウンメニュー(ドロップダウンメニュー)の作成の仕方を紹介します。

HTMLでプルダウンメニューの作成の仕方

ここで言う「プルダウンメニュー」下記の様なクリックすると選択項目が表示されるものです。



プルダウンメニューを作成する際には、以下のHTMLを使用します。

<select name="送信時の名前">プルダウンメニュー
<option value="送信される値">選択時のテキスト</option>プルダウンメニューの項目

プルダウンメニューは<select>タグと、その子要素として<option>タグを組み合わせて作成します。
プルダウンメニューを正しく動作させるには<select>タグにname属性、<option>タグにvalue属性を付ける必要があります。
また<option>タグにはselected属性をつけることが出来ます。この属性はページが表示された時に選択された状態になります。

プルダウンメニューのHTMLの基本構造は以下です。

<label for="">ラベル</label><br>
      <select name="送信時の名前">
        <option value="" selected>
          選択して下さい
        </option>
        <option value="送信される値1">
          選択肢1
        </option>
        <option value="送信される値2">
          選択肢2
        </option>
      </select>

先程の「都道府県」のプルダウンメニューのHTMLは以下の様になっています。

HTML

<label for="">都道府県</label><br>
      <select name="">
        <option value="" selected>
          選択して下さい
        </option>
        <option value="1">
          北海道
        </option>
        <option value="2">
          青森県
        </option>
        <option value="3">
          岩手県
        </option>
        <option value="4">
          宮崎県
        </option>
        <option value="5">
          秋田県
        </option>
        <option value="6">
          山形県
        </option>
        <option value="7">
          福島県
        </option>
        <option value="8">
          茨城県
        </option>
        <option value="9">
          栃木県
        </option>
        <option value="10">
          群馬県
        </option>
        <option value="11">
          栃木県
        </option>
        <option value="12">
          埼玉県
        </option>
      </select>

以上が「HTMLでプルダウンメニューの作成の仕方:お問い合わせなどに使用」でした。

現場では、良くお問い合わせの項目で使用します。ほとんどの案件で使用するのでしっかりと覚えておきましょう。

HTML/CSSHTML,WEB

Posted by KT