JavaScriptで数値を取り扱いたい・計算したい

Programming

この記事ではJavaScriptで数値を取り扱いたい・計算したい場合に必要な基礎知識を紹介します。
数値はJavaScriptにおける基本的なデータ型の一つで、整数や小数を取り扱うことが出来ます。数値の型はNumber型です。

const a = 5 //結果 5
const b = -5 //結果 -5
const c = 1.54321 //結果 1.54321

JavaScriptでは数値を用いて以下の様なことが出来ます。

数学的な計算をする10+10の2乗を計算する
数値を四捨五入する税込みなどの金額の小数点を四捨五入する
三角関係を扱うアニメーションの軌跡を求める
ランダムな数値を取り扱うアニメーションにランダム性を持たせる

またJavaScriptにおける数値は、一般的に使用されている10進数の他に、16進数、8進数、2進数も使用することが出来ます。

「10」「129」「0.5」「3.287」など10進数
「3F7B」「a994」「aaaa」など16進数
「0o123」「0o777」など8進数
「0b111」「0b101010」など2進数

数学の世界では数の大きさは無限ですがJavaScriptの世界では数に制限があります。
以下が最大の整数や最小の整数です。

定数(プロパティ)意味解説
Number.MAX_VALUE最大の整数1.7976931348623157e+308E+308 は 10 の 308乗
Number.MIN_VALUE最小の整数5e-3240 に最も近い数であり、最大の負の数ではありません。
Number.MAX_SAFE_INTEGER正確に扱える最大整数値9007199254740991事実上の最大値
Number.MIN_SAFE_INTEGER正確に扱える最小整数値-9007199254740991事実上の最小値

Number.MAX_SAFE_INTEGER 〜 Number.MIN_SAFE_INTEGERの範囲以外では計算結果に誤差が応じます。

不正な計算結果などで返される値も覚えておきましょう。エラー時などによく見かけます。

Number.MAX_VALUEを超えるinfinity
Number.MIN_VALUEより下-infinity
数値でない値。その他不正な計算結果。NaN

以上が「JavaScriptで数値を取り扱いたい・計算したい」でした。

2020年7月24日ProgrammingJava Script,WEB

Posted by KT