macでPDF等が開く時のデフォルトアプリの変更方法

Gadget

今回はMac OSを使用しているユーザーで、PDFやJPGなどのファイルをクリックした際にデフォルトで開くアプリの変更方法を紹介します。

私は、以前までプレビューアプリを使ってPDFに注釈を付けたりしていたのですが、いつの日かデフォルト設定がAdobe Acrobatに変わってました。個人的に使い慣れていないし、動作が重たいので嫌いです。なので毎回プレビューを使用するようにしていますが、クリックする度にAdobe Acrobatが開いて腹が立ちます。。。

そんな方へ今回の記事では解決法を紹介しています。PDF以外も同じなので参考にしてみて下さい。

Macでデフォルトで開くアプリを変更する方法

まずは開きたいファイルを右クリック(2本指クリック)して下さい。すると以下の様なメニューが開きます。

このメニューを開いたままoptionキーを押すと「このアプリケーションで開く」の部分が「常にこのアプリケーションで開く」に変わります。そのままoptionキーを押したまま開きたいアプリを選択すればOKです。

この時に選択したアプリが今後半永久的にデフォルトアプリになってくれます。しかしこの時に開いた拡張子に対してデフォルト設定がされた形になります。なので今回の場合はPDFのデフォルトアプリが変更されたことになります。JPGも変更したければ、JPGに対しても同じことをすればOKです。


上記の方法でうまくいかなかった場合は、以下の方法を試してみて下さい。

ファイルに対して右クリック(2本指クリック)してメニューを開いたら「このアプリケーションで開く」→「その他」を選択して下さい。

開きたいアプリを選択してから以下の部分にある「常にこのアプリケーションで開く」チェックボックスにチェックを入れてから開くと今後半永久的にデフォルトアプリになります。


以上が「macでPDF等が開く時のデフォルトアプリの変更方法」でした。

こんなに簡単に出来るなら初めから設定しとけばよかったと後悔しています。これでストレスフリーに作業が出来そうです!!

GadgetHardware,Know-How

Posted by KT