HTMLとは?基礎知識を解説:勉強すれば仕事をもらえるのか?

IT literacy

この記事では、HTMLについての基本的な部分と、それを学ぶ事で何ができるのか?また実際にそのスキルで仕事を貰い収入を得ることができるのか?こういったwebで稼ぐことを目的とした観点から『HTML』というものをなるべく分かりやすく説明していきます。

HTMLとは?

『HTML』とは、『Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)』の略でwebページを作っているもので最も代表的なマークアップ言語の一つです。

Webサイトを閲覧している最中に右クリックをして『ページのソースを表示』を押してみてください。そこで表示される下写真のような要素を『HTML』と言います。

このズラッと並んでいる英文を『ソースコード』と呼び、webページの表示や動作などの命令しています。この『HTML』で作成した『ソースコード』を『ウェブブラウザ(Safariやchrome)』で読み込む事で人間の理解できるwebページが表示されます。

インターネット上に存在するwebサイトのほとんどがこの『HTML』で作成されています。

HyperTextとは?(HyperText Link)

ハイパーテキストとは、文書中の指定の箇所にリンクを貼ることができ、そのリンクをクリックすることで他のページに移動することができる高機能なテキストのことを言います。

例)↓

クリックすると『KT LIFE』のサイトトップページにいきます。

マークアップとは?

マークアップとは、『印をつける』といったニュアンスの意味合いを持ち、『HTML』の『タグ』を使い『見出し』や『文章』、『タイトル』などの意味合いを記述して全体を構造していくといった意味となっています。HTML内の<>で囲まれたものが『タグ』と言います。

また『色』や『一覧表』や『写真』や『動画』を指定するのも全て『HTML』となっています。

例)↓

<html>
<head>
<title>サイトのタイトル</title>
HTML文書の情報
</head>
<body bgcolor="#0060ff">
<center>
<h1>見出し</h1></center>
<hr>
<p>本文</p>
<h3>見出し</h3>
 <p>本文<B>太文字</B>が作れます。 これにリンクというものをつければ立派なホームページを作ることができます。<BR></p>
<h4>見出し</h4>
<p><a href="https://ka-holidayrefresh.com">ハイパーテキストリンク</a></p>
</center>
</body>
</html>

このページでは『HTML』の技術的な部分は割愛させていただきます。技術的な部分を知りたいって方は上記のリンクから詳細にいっていただけたらと思います。

HTMLで稼ぐ事はできる?

このブログでは、生半可な気持ちで『HTML(プログラミング)』を学べば稼げると思っている人や、副業をするなら『ブログだ』と安易に思っている方に、まず『HTML』を学ぶにあたっての最終的な目的を明確にして欲しい、その目的に達するために必要な労力や事実を知って欲しいと思いこの記事を書いています。

ここからは、上記で説明した『HTML』を学ぶ事で変わる人生…について書いていきます。

結論から言わせていただくと、

稼げる訳ありません。

『HTML』を学んだくらいでは、仕事はほとんどいただけないでしょう。

『HTML』を一人前に書けるようになるには1日8時間の学習時間で3ヶ月ほど、もっとリアルな数字では1日3時間ほどの学習時間で約1年と長い年月がかかると思います。ここまで勉強しても『HTML』が書けるだけでは収益に繋がらないのが事実です。

それはなぜなのか?

それは、webサイトで使われている言語は『HTML』だけでは無いからです。

初心者の方でも『HTML』を勉強していればある時に気づくと思いますがwebサイトは『HTML』の他に『CSS』『PHP』『Java Script』他多数、といった様々な言語が使われておりそれぞれ独自の書き方や動きがあり、webサイトを制作するにはどれも必要な知識となっています。ただしそのどの言語も『HTML』とは非にならない程の習得難度を持ち、ここで挫折する人がほとんどです。(下イラストで分かりやすく説明してます。)

『Webサイト(パンケーキ)は

甘味の基本となる『HTML(砂糖)』は必須であり

『CSS(卵)』『PHP(ホイップクリーム)』『JS(苺)』を加えることにより

美しい『Webサイト(ショートケーキ)』が完成する。

『HTML』はwebサイトの基本中の基本であり、web制作の世界では知っていて当たり前な知識です。そんなものを『習得しています。仕事ください』は無理があるのも納得でしょう。

ただ誤解しないで欲しいことがあり、HTMLはweb制作の基本の部分なので必ず必要な知識であることは間違えなく、そこから学ぶ事を推奨します。

また個人的には、HTMLの知識がある程度ついたと思ったら、プラスでCSSも学びながらHTMLの知識の幅を広げていく。さらにCSSもある程度理解してきたら次にPHPやJaba Scriptといった難度の高い言語にも挑戦しながらHTMLも磨き続ける。といった感じに徐々に色々と同時進行で知識を蓄えていけば良いかと思います。

そうやって知識の幅を確実に増やしていけば、必ず仕事をいただく事ができ、稼ぐことが出来ます。

(下記の記事でプログラミングの学び方をまとめていますので興味のある方は是非みてみて下さい。)

まとめ

ここでわかって欲しいことは、HTML単体では稼ぐことは出来ない。HTMLを基本として様々な知識が必要。そしてHTML単体でも相当な知識量を必要とするが、その何十倍以上の様々な知識が必要。それらを学び仕事とし利益を生むには相当な努力が必要ということです。

『webで稼ぐ』といった目的を持つなら、『HTML』の知識は必要不可欠であり、次段階に『CSS』『PHP』『Jaba Script』とマルチに勉強しましょう。(ブログ運営でも一緒です。)

*稀にクラウドワークスなどで仕事を探していれば『HTML』のマークアップのみの仕事もあり収入は得ることは可能です。ただ非効率的であり、副業として余った時間にひたすらこなしていっても月に10万ちょっとが限界かとも思います。


以上が『HTMLとは?基礎知識を解説:勉強すれば仕事が貰えて稼げるの?』でした。web制作の世界は知識が全てなところがあるので、上記で説明した膨大な知識量にめげずにひたすら勉強を頑張ってください!!

また当ブログで推奨している『WordPress』というCMS(コンテンツマーケティングシステム)を使えば少ない知識でも簡単に自分のサイトを作成することができるので、本気で勉強してみたい方には入り口として非常におすすめです。

2019年11月24日IT literacyKnow-How,WEBの知識,WEB用語

Posted by KT