アフィリエイトの収益化の仕組みを図形で解説

Affiliate

この記事では、『アフィリエイト』という言葉は聞いたことがあるけど、一体どんなものなのかわからない…興味はあるけど概要の理解はしていないっていう方に、収益化の仕組みや実際に行う作業内容などをなるべくわかりやすく説明した記事になります。

*そんなの知ってるよって方には退屈な記事になってしまうので『戻るボタン』をポチって下さい。

こんな人に向いた記事

  • アフィリエイトって何?
  • 収益の仕組みを知りたい
  • 何をすれば良いの?

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、一般的にはインターネット上にあるウェブサイトに設置した広告によって閲覧者が広告主の商品またはサービスを購入した際に、利益に応じた成果報酬が支払われるプログラム、マーケティングの一種のことです。

アフィリエイト、アフィリ、アフィと呼ばれるのが一般的だが、『成果報酬型広告』『アフィリエイト・マーケティング』『アソシエイト・プログラム』と呼び方は多数ある。

アフィリエイトのサービスを展開しているプロバイダの事を『ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)』と呼びます。

また成果報酬型アフィリエイト(ASP)の他に、グーグルアドセンスが代表的な各種アドネットワーク(SSPなど)のクリック課金型もあるが、アフィリエイトとは少し違う。ただ大体の人はアドセンスも併用して行っているため総称して『アフィリエイト』と要約しているのが実情です。

収益化の仕組み

アフィリエイトの収益の仕組みは大きく分けて3パターンあります。

成果報酬型(コミッション)

成果報酬型とは、アフィリエイトに置いてもっともベーシックな課金形態。ASP側でも最も多く使われている課金方法であり、ユーザーが広告をクリックしリンク先の商品、サービスを購入した際に広告主があらかじめ設定された金額を報酬として受け取ることのできるタイプのことです。

また掲載する広告(商品やサービス)は私たちアフィリエイターが自ら選定し選ぶ事ができるため、ブログの記事内容やサイトの内容にダイレクトにあった広告を意図的に掲載できるのが最大の強みであります。

例えば、ウォータークーラーに付いての記事の途中に「ウォータークーラーの契約はこちら」などと言ったダイレクトな誘導をする事ができ、そのまま成果が決まれば報酬として約数千円を受け取る事ができます。

後述で説明する課金形態よりも遥かにCPM(1000回表示あたりの収益)が高く、少ないインプレッション数(表示回数)で大きな成果を期待できる。ただその反面、成約率は記事の文章(ライティング能力)に依存するため、物を売る素質やセンスが必要となる課金形態でしょう。

クリック課金型(CPC)

クリック課金型とは、文字通りクリックされた時点で報酬が入る収益化の仕組みです。

グーグルアドセンスを筆頭に様々なアドネットワークやSSPが存在し、アドセンスを除けば単価は約1クリック1〜30円程度。アドセンスに関しては1クリック1円〜約300円ととんでもない単価を誇っている。

クリック課金型では、たくさん見られて、たくさんクリックされると言う考えが基本で、インプレッション数に非常に依存する。

そのためブログ、サイトに如何に多くのユーザーを集客できるかのSEO(サーチエンジン最適化)対策が非常に重要になる。

また現在ではほとんどのSSPではユーザーのCookie情報(ブラウザに保存された情報)を元に広告をリアルタイムで入札し表示されている。そのためほとんどのユーザーにとっては求めていたジャンルの広告が表示されるので自然とクリック率は上がる仕組みとなっています。

こういったシステムであるため、クリック課金型の広告のほとんどはただ設置するだけで良いと言う、管理のし易さが最大のメリットでしょう。

表示回数(インプレッション収益)

インプレッション型は、広告が1000回表示された時に○○円といった課金形態です。

クリックされる必要は無く、ただ広告が表示されるだけでいいので、設置する事のみに意味を成す最も使いやすい広告です。

使い方によってはクリック課金型よりも稼げる可能性は高いが、一般的に広告主は好まないタイプの課金形態なため徐々に衰退しているのが実情です。

またクリック課金型の一部には、このインプレッション収益も含んだものが多くあり、わざわざインプレッション型にこだわった広告を選ぶ必要はないでしょう。

アフィリの実際の作業は?

アフィリエイトで収益化するための実際の作業は、まずワードプレスを始めとしたCMS(コンテンツ・管理システム)と言われるブログやサイトを簡単に作れるサービスを利用して、自分のオリジナルのブログやサイトを作成します。

その作成したブログやサイトに紹介したい商品やサービス、もしくはSSPの広告などを掲載し収益化を目指していきます。

そのために作業する内容としては以下の通りです。

  • 記事の作成・更新
  • ブログ・サイトの外観の作成
  • 広告・アフィリエイトリンクの設置
  • 収益率やPV数のレポート
  • SEO対策
  • 各種メンテナンス

*各種作業内容については内容が濃すぎるため別途記事にて詳しく説明いたします。

アフィリエイトで成功するには?(考え方が大事)

最後にアフィリエイトの知識のみならず、初心者の方へアフィリエイトで成功するための考え・メンタル部分・自己啓発的な部分をお話ししていきます。

アフィリエイトを含め、ネットビジネスでは非常に大事になってくると思いますので、前に進む勇気の出ない方には是非一読していただけたらと思います。


アフィリエイトで稼ぐためには、私は『行動力』が非常に大事だと考えています。『行動』と言っても『足を動かす』と言う意味ではありません。

私も初めは、アフィリエイトなんて全く知りませんでした。

でもひょんな事をキッカケに挑戦して見ようと思い始めてみました。だが広告で稼ぐとかサイトを作るとか全く知らずに『アフィリエイトとはなんぞや?おいしいの?』てな調子で全くの無知を晒す一方でした。

ただ『ネットで稼げる』それしか知らない私は、何でも良いからやれる事をとにかく『行動』しました。

いろいろ調べていくうちに広告を貼る事やASPの存在などを知り、次期ワードプレスの存在も知る事が出来たとこまではいきました………でもそんな程度でサイトなんて作れる訳がありませんでした………

だが!!しかし!!私はどうにでもなれ!!といった気持ちで、すぐにサーバーを契約しワードプレスをインストール。とにかく何でも良いから次々と記事を書いていきました。

収益化なんてされんのか?と不安にもなったがとにかく毎日毎日記事を書いては、アフィリエイトの事を調べ、実際に試してみたり、数多くある情報から入手した事を片っ端から『実行(行動)』しました。

この時は、サイトが真っ白になるは、広告をどうやって貼ればいいのか、とか全く分からず無知無能に悩まされ、毎日毎日グーグル先生と睨めっこしてましたww

そんな日々を毎日過ごしていたら、3ヶ月目にして月間PV数100万を達成し、収益も月20万を達成しました。

しかも日中は朝から夕方まで本職であるサラリーマンをこなしながらです。
この頃には、ある程度アフィリエイトの知識はついてきており、実体験からの収益最適化の方法も確立する事ができました。

この時、私は自分の体験からある事を感じました。

人間やろうと思えば何でもできる。
誰かに出来て、自分に出来ないものは無い。
やるか、やらないかの違いだけだったんだ。

アフィリエイト、サイト作成に関して極めようとすれば沢山の知識が必要になるとは正直思います。でもただ副収入として数万円のお金を求める程度なら誰でも!!必ず!!出来ます!!断言できます。

一切前に進まず、無駄に知識のみを沢山寄せ集め、極めたい、極めよう、なんて思うことは辞め。実際に『行動』しアフィリエイトを始めてみれば自然と極まっていきます。

なので

まずは今すぐ!!実行!!行動をしましょう!!

あ、これアフィリエイト以外の全てのビジネスチャンスに言える事です。


以上が「アフィリエイトの収益化の仕組みを図形で解説」でした。

読者の皆さんの力に少しでもなれたら幸いと思います。私もまだまだ勉強不足なところも多々ありますので、皆さんと一緒に日々精進していきます。

次はアプリ開発始めようかな……何も知らないがwww

2019年4月17日AffiliateASP,Know-How,WEB用語

Posted by KT