シークレットモードでキャッシュを残さずWEB閲覧する方法

Tool/App

今回は、ブラウザアプリでキャッシュデータを履歴に残さないシークレットモード(プライベートウィンドウ)の使い方と開き方についてを説明いたします。

ブラウジングをしているとWEBサイトのデータをブラウザへ一時的に保存され、次回アクセス時に保存されたデータが優先的に読み込まれます。この一時的に保存されたデータをキャッシュデータと言い、現在のブラウザアプリでは標準機能で付いています。

キャッシュデータを読み込むことでユーザーの要求するリクエストをサーバーではなく、ブラウザアプリから返すため表示速度が大幅に速くなります。基本的にはユーザーにとってはメリットが大きいのですが、ブログやサイト運営者からしたらデメリットもあります。

ページの更新やCSSの編集時にリロードしてみても何も変わっていない場合はこのキャッシュが影響しているでしょう。変更したのにキャッシュが影響して実際の表示を確認できないのは不安ですし、キャッシュを消すために何度もリロードしたり、履歴を削除したりと面倒で腹が立ちます。

そんな時にシークレットウィンドウを使えばキャッシュを意識しなくても良くなり効率的に確実に作業ができます。

キャッシュの消し方については以下を参照下さい。

シークレットモードとは

シークレットモードとは、ブラウザに一切のCookie情報を残さずキャッシュによる読み込みを無くす、完全なるプライベートモードのブラウジング機能です。

シークレットモードを開くと新しいタブが開きます。そのタブで開くページは全てキャッシュデータが読み込まれないため、常に最新の情報を受け取ることが出来ます。

以下引用。

シークレットモードとは、一般的には、WebブラウザGoogle Chrome」における、Webページ閲覧履歴ダウンロード履歴などを保存せずに操作できる機能のことである。プライバシーモード総称されることも多い。

Google Chromeでは、タブをシークレットモードで開くと、履歴保存されず、Cookieタブを閉じた際に自動的削除される。ブックマーク設定変更保存される。

https://www.weblio.jp/content/シークレットモード

また一部では「プライベートモード」「プライベートウィンドウ」「シークレットウィンドウ」などと呼ばれている事もあります。

シークレットモードの開き方

シークレットモードはブラウザアプリによって呼び名が変わってきます。Safariの場合は「プライベートウィンドウ」と言い。Chromeの場合は「シークレットウィンドウ」と言います。

Safari/プライベートウィンドウ

Safariの場合は、PC上のSafariの右側にあるファイルから新規プライベートウィンドウをクリックしたら開きます。またショートカットキーのCommand+Shift+Nで開きます。

新規プライベートウィンドウをクリックすると下記の画面のタブが新しく開きます。これがサファリのシークレットモードです。

Chrome/シークレットウィンドウ

Chromeの場合は、PC上のChromeの右側にあるファイルから新規シークレットウィンドウをクリックしたら開きます。またSafariと同じくショートカットキーのCommand+Shift+Nで開きます。

新規シークレットウィンドウをクリックすると下記の画面のタブが新しく開きます。これがChromeのシークレットモードです。

注意点

キャッシュデータは、ブラウザの機能で読み込むのが大半だが、WEBサイトの中にはサーバーでキャッシュを保存しそれを読み込むものもあります。その場合はシークレットウィンドウでもキャッシュデータが読み込まれてしまうことがあるということを理解しときましょう。

スマホの場合(iPhone)

スマホ(iPhone)の場合は、右下にある□マークをクリックしてウィンドウの先端状態にします。

その時に左下に「プライベート」とあるので、それをタップするとシークレットモードに切り替わります。


以上が「シークレットモードでキャッシュを残さずWEB閲覧する方法」でした。

WEB制作の仕事では、サイトの改修作業や確認作業でシークレットモードは良く使用します。毎回リロードをしてキャッシュデータをなくすのも良いがこのシークレットモードを利用することでそれすらもしなくて良くなるので非常に便利です。

キャッシュが邪魔と感じたら是非試してみて下さい。

2020年4月6日Tool/AppKnow-How,Software

Posted by KT