Googleマップをサイトに埋め込む方法:レスポンシブ

HTML/CSS

今回はHTMLを使って、WEBサイトに指定したGoogleマップを埋め込んで表示させる方法について説明していきます。

自社サイトの会社概要などにGoogleマップの会社住所などを載せれば信頼性アップに繋がります。また個人ブログなどでおすすめのスポットなどを紹介する場合、Googleマップで詳しい場所まで載っけてくれたら親切だと思うので、両者ケースの何も覚えておいて損は無いので是非参考にしてみて下さい。

サイトにGoogleマップを表示させる方法

今回は代官山にある『蔦屋書店』を手本に表示させていきながら説明していきます。

Googleマップで指定の場所を検索

まず初めに、Googleマップで指定の場所を検索します。

マップを共有する

次に情報の右にある『共有』をクリックします。

ここではTwitterやFacebookでマップを共有することができます。そしてHTMLでWEBサイトにも共有、掲載することが可能となっています。

コードをコピペする

先ほどの共有画面の右の『地図を埋め込む』をクリックします。そこにあるHTMLをコピーしときます。またマップの大きさもここで変更します。

上記でコピーしたHTMLを表示したい場所にペーストします。

レスポンシブ (画像幅によって自動でサイズ調整)にしたい場合、div要素で囲ってクラスを作成してから以下のCSSのように記述して下さい。

.Gmap {
  position: relative;
  padding-bottom: 56.25%;
  padding-top: 30px;
  height: 0;
  overflow: hidden;
  }
  .Gmap iframe,
  .Gmap object,
  .Gmap embed {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
  }

上記のCSSで表示が崩れた場合は下記のCSSを試してみて下さい。

@media (max-width: 767px) {
          .Gmap {
            position: relative;
            padding-bottom: 90%;
            padding-top: 30px;
            height: 0;
            overflow: hidden;
            }
             
            .Gmap iframe,
            .Gmap object,
            .Gmap embed {
            position: absolute;
            top: 0;
            left: 0;
            width: 100%;
            height: 100%;
            }
          }

ワードプレスの場合は、投稿ブロックの『カスタムHTML』を使い、ここに先ほどのHTMLをペーストして下さい。

↓埋め込んだマップは以下のように表示されます。↓

以上が「Googleマップをサイトに埋め込む方法:レスポンシブ」でした。

非常に簡単なので、マップで位置を見せたい場合は是非活用してみて下さい。

Googleカレンダーも同じように埋め込むことが可能です。詳しくは以下。

2020年1月26日HTML/CSSHTML,WEB

Posted by KT