while文で処理を繰り返す方法:Java Scriptの基礎11

Programming

今回はwhile文で処理を繰り返す方法を紹介します。
for文と非常に似ていますが、while文も覚えておくと応用の効く技術者になれますので覚えておきましょう。

for文に関しては以下の記事。

こんな場合に使います

  • 処理を繰り返し行いたいとき

難易度(MAX10)★★★★★☆☆☆☆☆

while文で処理を繰り返し行う方法

while文の基本的な構文は以下のとおりです。

while(反復の条件) {反復処理}処理を繰り返す

while文は条件を満たす限り処理を繰り返す構文です。for文との違いは、反復の条件しか記載しない点です。そのため反復処理が終了する様にコードを書く必要があります。

let Number = 0;
while (Number < 10) {
  console.log(Number);
  Number +1;
}

上記のプログラムは、変数のNumber=0に対して値が10以上になるまで+1していってね。と言った指示をしています。
10が出力された時点で処理は終了します。


以上が「while文で処理を繰り返す方法:Java Scriptの基礎11」でした。

また特定条件を満たす処理をスキップしたい場合は下記の記事を参考にして下さい。

2020年7月6日ProgrammingJava Script,WEB

Posted by KT