phpmyadminのIDとパスワードを簡単に知る方法

Programming

この記事では、WordPressをインストールしたMySQLサーバー(データベース)の「phpMYAdmin」と言われるデータベースを直接参照/編集できるツールのログインの仕方と、ID、パスワードの探し方について紹介いたします。

phpMYAdminの場所

「phpMYAdmin」は基本的にレンタルサーバーを使用している場合はレンタルサーバーのコントロールパネルからログインできる物が大半です。

エックスサーバーを例にあげるとデータベースphpMYAdmin(MySQL○○)からログインできます。(他の大手レンタルサーバーでもどこかしらに設置されているかと思います。)

「phpMYAdmin」にログインするには、勿論のことIDとパスワードが必要になります。ただWordPressをインストールした時しかその情報は渡されません。

ID、パスワードを忘れた人、メモをしてない人は自力で思い出すしか無い無いのか?

いえ、実は簡単にD、パスワードを知る方法があります。その方法を下記で紹介します。

IDとパスワードが書いてある場所

まずはFTPでドメイン内の「public_html」のディレクトリを開いて下さい。(wp-contentsがある場所)

これが分からない方は以下をみて下さい。

そこにある「wp-cnfig.php」を自身のPCにダウンロードして下さい。

PCのテキストエディタなどで「wp-cnfig.php」を開きます。

そこの27~40行目あたりの情報がMySQLの情報になっています。

/**MySQL データーベースのユーザー名**/ の下部分がユーザー名です。(下記写真の白く塗りつぶした部分)

/**MySQL データーベースのパスワード**/ の下部分がパスワードです。(下記写真の白く塗りつぶした部分)

「phpMYAdmin」にログインすると「wp_posts」でWordPressで作成した投稿コンテンツの参照/編集が可能です。(下記写真部分)

また今まで蓄積してきた無駄なデータも確認できますので、データの整理の時などによく使われます。


以上が「phpmyadminのIDとパスワードを簡単に知る方法」でした。

この方法は、悪意のある人がFTPにアクセスしてwp-cnfig.phpの情報を抜き出しデータベースにまでアクセスすると言ったことが可能になってしまします。要するに、FTP情報が流出するとデータベースすらもハック可能になると言うことです。

言うまでもないが、FTP、wp-cnfig.phpファイルのの扱いには十分気を付けていきましょう。

2020年2月29日Programmingphp,WEB

Posted by KT